本当の健康法・整体法をお伝えする 癒しの氣・心身楽道 気功&整体教室(横浜) トップページ

ヒーリング・ウォーキング

「楽に立つ」のページで説明したように、「体軸」の意識をもって「浮き身」になっていればムダな力が抜けて身体が一つにして動ける状態になっているはずです。
歩くときは「浮き身」の状態をなるべく維持できれば楽に歩けることになります。

効果

歩くごとに楽になる

いわゆるウォーキングは「負荷をかけて鍛えよう」という発想で考えられています。
楽歩は逆に負担を最小限にするという発想で考えられています。
蹴らないので脚が疲れにくい、というだけではなく、特にゆっくり歩いた場合は歩くごとに地面からエネルギーをもらって元気になるという感覚になります。
(キネシオロジーで調べると実際に状態が良くなっていきます)。

膝、足首が楽

楽歩では脚をあまり上げずに、すり足に近い形で歩きます。
そのため、膝や腰への衝撃による負担が非常に軽くなります。
また、足首も本来の使い方をするので傷めにくくなります。

階段、坂道が楽

「楽歩」の特徴として「蹴らずに進む」ということがあります。
地面反力を上手く使うことで、階段や坂道でも勝手に進むような感覚になり、楽に上がれるようになります。

歩き方

実際の歩き方に入ります。 基本的にはすり足で行いますが、軽く地面をこする程度です。
なお、クッションが効いた靴だと浮き身の感覚が分かりにくいので最初は室内で練習することをおすすめします。

足運び

浮身の状態で立ち、身体の右側を前に出します。
浮き身の状態では少し右側を出す意識を持っただけで動き出します。
歩き方1 足運びは本来の股関節、膝の動きにしたがいます。
余計な力を入れないようにすればOKです。
足が前に出るときに膝から下が外側にカーブします(右図、青い点線)。
着地した時には普通に歩くときのように脚を内側に倒したくなりますが、本来の足首の動きにしたがってやや外側に倒します(右図の緑の矢印)。
身体もやや右側を向きます。
(慣れるとみぞおちから上はほとんど動きませんが、最初は身体ごと向けてもよいです)。
着地はなるべく浮き身の状態、つまり足の裏の体重のかかり方が均等になるようにします。
これが崩れていると、後述する螺旋の力が弱くなってしまいます。

螺旋の力を活かす

歩き方2 着地の時の右足は斜め前方へ回転する力が残っています。
着地して足が止まると地面反力と回転の力が合わさって螺旋状の上昇する力になります。 右図のようなイメージです。
この力で体全体が右回転させられて蹴らずに左足が出ます。
後は同様に歩けばよいのです。
やってみると非常にシンプルで余計な力が要らないことが分かると思います。

通常歩行との違い

通常の歩行では着地したのと同じ側のお尻が外側にずれます。
螺旋状の力が発生しないので、軸をぶらしながら歩いているのです。
また、足首を内側に倒すようにして地面を蹴るため、内側の部分が固くなってしまいます。

動画

脚の動きと実際の楽歩について動画で示します。

↑ PAGE TOP