本当の健康法・整体法をお伝えする 癒しの氣・心身楽道 気功&整体教室(横浜・弘明寺)楽な立ち方

楽な立ち方をマスターしよう!

身体の使い方で一番基本的なのは「真っ直ぐ立つこと」ですが、ほとんどの方ができていないと言って過言ではありません。
正しい姿勢というと「肩峰と膝を垂直にする」といったように、外見から合わせようとする方が多いのですが、ここでは身体の内側の感覚を頼りにして、楽に立つ方法をお伝えします。

効果

体軸とか正中線という言葉を聞かれたことがある方も多いと思いますが、その意識ができるだけで脚や腰の負担が軽減したり、歩くのが楽になったりします。
もちろん立った姿勢も綺麗になるのと、脚に余計な負担をかけないので、脚が細くなりやすいという美容効果もあります。
精神的にも落ち着きました、という声もいただいています。
重心が下がると心も落ち着くのです。

体軸の意識をつけよう!

体軸 かかとの真ん中(押すと痛いところ)に半円筒または半球を起きます。
※なければ丸い鉛筆などでもよいです。
背骨付近に意識しながら身体を上下に揺すり、体軸を意識していきます。
最初は身体が傾かないように壁に背中をつけて行なってもよいです。
図の白い矢印のように地面から跳ね返ってくる力を感じられれたでしょうか。
この力が頭頂まで抜けて、身体の中を「見えない柱」が立った感覚があればOKです。


足でバランスを取る

体軸を意識できると、見えない柱が立ったようになって楽なのですが、実は準安定状態というか、力みが残った状態です。
試しに体軸を意識した状態で手を前に出しても足は前に出ないと思います。
武道用語で「居着いている」といって、すぐに動けない状態です。

予備練習

足の裏は感覚が鈍くなっていることが多いので、カーペットなどザラザラしたものにこすりつけます。
感覚が鋭くなったと思ったらOKです。
(目安は片足につき1分程度)

つま先の角度

浮身 まず、つま先の角度を一番楽な状態にします。
特に女性はつま先を閉じすぎて太もも外側のスジ(腸脛靭帯)が張っていることが多いです。
このスジを触りながらつま先を開閉して、ゆるむ角度を探すとよいでしょう。

バランスを取る

体軸を意識したまま、身体を前後に傾けて足裏にかかっている体重の前後のバランスを取るようにします。 ゆっくり動かすとバランスが取れたところでフッと楽になります。
ほとんどの人が動くのが速すぎます。
ゆっくりすぎるかな、と思うくらいの遅さで試してください。
浮身の状態ができると身体は少し前に傾いているはずです。

前後のバランスが取れたら内外のバランスを取ります。
今度は小指側、親指側に傾けます。
こちらの方がより繊細な感覚が必要です。
浮身 図で○で囲った踵、親指の付け根、小指の付け根の3箇所が均等に体重を支えているようにバランスが取れたでしょうか。
できたと思ったら、手を出してみましょう。
足が前にでたでしょうか?
手の動きに全身がつられるような感覚になっていればOKです。
実はこれで、武道で言う「居着かない」状態に近づいています。

浮身と根づき

人体は足の裏に均等に体重を載せると最も効率よく体重を支えられるようになっています。
この「足に体重を預ける感じ」になると、全身が非常に楽になります。
当たり前のようで、できている人はほとんどいません。
このとき身体の重みは地面の方に沈み込んで行く感覚があります。
これを「根づき」と呼びます。
一方で、身体は浮いているような感覚になります。
この状態を「浮き身」と呼びます。
※「根づき」はグラウンディングとも言いますが、スピリチュアル系のサイトなどでイメージを用いた手法が使われているようですので区別するためにあえて根づきと表記しました。
イメージだけよりも、体感がある方が効果的です。

楽で効率的な歩き方

体軸の意識、浮き身ができたら、歩くときもそれをなるべく維持すれば楽に効率よく歩けます。 詳しくは効率的な歩き方「楽歩」のページもご覧ください。

↑ PAGE TOP